*

見なきゃ損!60秒であなたに人生を考え直す機会を与えます

公開日: : 最終更新日:2015/08/03 泣ける動画   3,642 views

“売春されない子供はいない”(No Child for Sale)
そんなタイトルでアップされている3つの動画をご紹介します。

——————————

cd01

 

今ある生活が当たり前と思っていませんか?
そんなあなたへ考え直すきっかけになればと思います。

 

children as young as 6 are being sold into sweat shops.
“6歳の子供が、労働搾取工場で働かされている”

No Child for Sale – Stop Child Labour with World Vision Canada

 

Children as young as 6 are being sold into the sex trade.
“6歳の子供が、風俗で働かされている”

No Child For Sale (2014) :60 Commercial – Bedtime

 

Children as young as 6 are being sold to cocoa plantations.
“6歳の子供が、カカオの栽培地で働かされている”

No Child For Sale (2014) :60 Commercial – Chocolate

 
—————————————-
 

3つの動画いかがでしたか?
異なる仕事をする6歳の子どもたち。
誰も望んでやっている仕事ではないでしょう。

そんな生きる為に働く6歳の子どもたちと温かい家庭の中生活する子どもたち。
その対比が胸に刺さる動画でした。

まずは今ある当たり前の日常が当たり前ではないと気付く事が大切です。

あわせて見たい泣ける動画

泣けた方、共感できる~!と思われた方、ぜひご紹介お願いします!
ランキング参加中です♪共感いただけたらポチリとお願いします!
  • blogramのブログランキング

関連記事

あの時の感動をもう一度『僕の生きる道』見直したい泣けるドラマ

最近無性に昔のドラマが見たい!と思う事はないでしょうか? これまで自分の好みの範囲でドラマを見てき

記事を読む

【世界一過酷な仕事】年中無休、休暇なしで給料0円…あなたは可能?

世界一過酷できつい仕事…と言われたらあなたは何を思い浮かべますか? 今回は私達のすぐ身近にある世界

記事を読む

じーんと感動!娘と父を繋ぐ宝物、ガムの紙で作った小さな折り鶴

お父さんと娘が小さい頃から習慣になっていること… それはガムを食べた時にその包み紙で折り鶴を折るこ

記事を読む

亡き父のコートのポケットから出てきた手紙に涙…予想外の結末が?!

父が愛用していたコートに1つの手紙が…。 父から娘の夫へと受け継がれるコートの物語。 -

記事を読む

涙が止まらないPV「象の背中〜旅立つ日〜(完全版)」

みなさんは最近家族との時間しっかりとれていますか? この動画で家族と過ごす時間の大切さを改めて気付

記事を読む

号泣!画面が涙で歪んで見れなくなる…長年連れ添った夫婦の歌

いつまでも仲良く連れ添いたい…。 家族というよりも夫婦でありたい。 長年連れ添った夫婦の泣ける歌

記事を読む

働くパパママ必聴!子供の声を聴いていますか?

働いてるお父さん、お母さん。子供の声、しっかりと聴いていますか? 子供の他愛もない日常生活での出来

記事を読む

誕生日サプライズ!嬉しさのあまり大泣き?!見てたらこっちも涙がでちゃう!

誰しも自分の誕生日にお祝いをされたら嬉しいものですよね。 今回は海外で撮影されたサプライズ誕生日プ

記事を読む

サプライズプロポーズ大作戦!~11年目のプロポーズ~

日産がWEBで募集した企画を実行! 新車を購入したある家族の旦那さんが仕掛け人となり、妻へサプライ

記事を読む

「振り子」実写映画28日公開!原作者鉄拳も涙でメイクが崩れる…!

鉄拳さんの代表作とも言える泣けるパラパラ漫画「振り子」が2015年2月28日映画公開スタート! 原

記事を読む

予約投稿2

予約投稿テスト2

探してた!友に贈りたい、たまに聴きたい泣ける友情ソング【22選】

恋愛に関する泣ける歌ってすぐ思いつきますが友情ソングで泣ける歌ってピン

心に刻もう 戦争にまつわる泣ける話”日本兵の遺書”

戦争という時代に生まれ懸命に生き 家族や国の為に特攻隊として飛び立っ

子供は目隠しをしてても母親の事がわかる?結果に涙がでる感動の動画

デンマーク発のジュエリーブランド「パンドラ」が制作した動画。 子供に

感動!会社が仕掛けた1人のバス運転手へのバースデーサプライズ

デンマークのとあるバス会社が社員であるバスの運転手に対して行った 誕

→もっと見る

PAGE TOP ↑