*

本気で泣きたい時に読む泣けるコピペ~子供編~

公開日: : 最終更新日:2015/08/04 泣ける話   136,950 views

前回の「閲覧場所注意!本当に泣ける”母”がテーマの泣けるコピペ集」に引き続き今回は子供にまつわる泣けるコピペをご紹介します!
バスタオルの準備はいいですか?

——————————–

 

クリスマスプレゼント

cp08

6歳の娘がクリスマスの数日前から欲しいものを手紙に書いて
窓際に置いておいたから、早速何が欲しいのかなぁと夫とキティちゃんの
便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった。

「サンタさんへ おとうさんのガンがなおるくすりをください! おねがいします」

夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、私だんだん悲しくなって
少しメソメソしてしちゃったよw

昨日の夜、娘が眠ったあと、夫は娘が好きなプリキュアのキャラクター人形と
「ガンがなおるおくすり」
と普通の粉薬の袋に書いたものを置いておいた。

朝、娘が起きるとプリキュアの人形もだけれど、それ以上に薬を喜んで
「ギャーっ!」って嬉しい叫びを上げてた。

早速朝食を食べる夫の元にどたばたと行って
「ねえ! サンタさんからお父さんのガンが治る薬貰ったの! 早く飲んでみて!」
っていって、夫に薬を飲ませた。

夫が「お! 体の調子が、だんだんと良くなってきたみたいだ」と言うと娘が、
「ああ! 良かった~。これでお父さんとまた、山にハイキングに行ったり、
動物園に行ったり、運動会に参加したりできるね~」……っていうと

夫がだんだんと顔を悲しく歪めて、それから声を押し殺すようにして
「ぐっ、ぐうっ」って泣き始めた。

私も貰い泣きしそうになったけれどなんとか泣かないように
鍋の味噌汁をオタマで掬って無理やり飲み込んで態勢を整えた。
夫は娘には「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた。

その後、娘が近所の子に家にプリキュアの人形を持って遊びに行った後、夫が
「来年はお前がサンタさんだな……。しっかり頼むぞ」と言ったので、
つい私の涙腺が緩んで、わあわあ泣き続けた。

お椀の味噌汁に涙がいくつも混ざった。

 

俺の好物

cp09

俺は小学生の頃に母の作った炊き込みご飯が大好物だった。
特にそれを口に出して言った事は無かったけど母は判っていて
誕生日や何かの記念日には我が家の夕食は必ず炊き込みご飯だった。

高校生位になるとさすがに「又かよっ!」と思う様になっていたのだが
家を離れるようになっても、たまに実家に帰ると待っていたのは母の
「炊き込みご飯作ったよ。沢山食べなさい」の言葉だった・・・

会社に電話が来て慌てて向かった病室には既に近くの親戚が集まっていた。
モルヒネを打たれ意識の無い母の手を握り締めると母の口が動いた。
何かを俺に言いたそうだった。母の口元に耳を近づけると
「炊きこ・・・たよ。たくさ・・・・さい」と消え入りそうな声で言っていた。
それが最後の言葉だった。

「ママの作ったスパゲッティー大好き!」口の周りを赤くして
スパゲッティーを食べる娘とそれを幸せそうな目で見つめる妻を見る度に
母の炊き込みご飯が食べたくなる。

 

愛する娘の観に行くはずの映画

cp10

娘が六歳で死んだ
ある日突然、風呂に入れている最中意識を失った。

直接の死因は心臓発作なのだが、持病のない子だったので
病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受けた。

葬式には別れた女房が「彼氏」同伴でやって来たが、
もはや俺にはその無神経に腹を立てる気力もなく、機械的にすませた。

初七日も済んで、俺は独りで映画を観にいき、娘が観たがっていた
ゴジラととっとこハム太郎の二本立てを観ることにした。

とっとこぉはしるよハム太郎♪の歌を聴いた瞬間、やっぱり俺は泣いた。
6歳にもなって活舌の悪い娘が、この歌を一生懸命覚えて、
とっとこぉ、はしゆよ、はむたよお♪と歌っていたっけ。

ハム太郎の紙コロジーだってクリスマスに買ってやるつもりだった。
女親のいない家庭だったが、少しでも女の子らしくと、
服を買うときだって、面倒がらずに吟味を重ねた。

学校だって、行きたいところに行かせてやるつもりだったし
成人式には、ちゃんと着物を着せてやるつもりだった。

女房と離婚してから俺は100%子供のために生きることにして、
必死にやってきたのに、この世に神様なんて絶対いないんだと知った。

 

娘が字を覚えた理由

cp11

4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、
どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。

ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。

「○○ちゃんから、神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」 こっそりと中を読んでみたら、
「いいこにするので、ぱぱをかえしてください。おねがいします」
と書いてあったそうだ。

旦那は去年、交通事故で他界した。
字を覚えたかったのは、神様に手紙を書くためだったんだ・・・
受話器を持ったまま、私も先生も泣いてしまった。

「もう少ししたら、パパ戻って来るんだよ~」
最近、娘が明るい声を出す意味がこれでやっとつながった。

娘の心と、写真にしか残っていない旦那を思って涙が止まらない

 


 

おばあちゃんとやったすごろく

cp12

俺は小さい頃、家の事情でおばあちゃんに預けられていた。

当初、見知らぬ土地にきて間もなく当然友達もいない。
いつしか俺はノートに自分が考えたスゴロクを書くのに夢中になっていた。

それをおばあちゃんに見せては
「ここでモンスターが出るんだよ」
「ここに止まったら三回休み~」
おばあちゃんはニコニコしながら、「ほーうそうかい、そいつはすごいねぇ」と相づちを打ってくれる。
それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。

やがて俺にも友達ができ、そんなことも忘れ友達と遊びまくってた頃
家の事情も解消され、自分の家に戻った。

おばあちゃんは別れるときもニコニコしていて
「おとうさん、おかあさんと一緒に暮らせるようになってよかったねぇ」
と喜んでくれた。

先日そのおばあちゃんが死んだ。
89歳の大往生だった。

遺品を整理していた母から「あんたに」と一冊のノートをもらった。
開いてみみるとそこにはおばあちゃんの作ったスゴロクが書かれてあった。

モンスターの絵らしきものが書かれてあったり、なぜかぬらりひょんとか
妖怪も混じっていた。

「おばあちゃんよく作ったな」とちょっと苦笑していた。

最後のあがりのページを見た。

「あがり」と達筆な字で書かれていた、その下に
「義弘(俺)くんに友達がいっぱいできますように」

人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてでした。

おばあちゃん、死に目にあえなくてごめんよ。

 

遠足のおやつ

cp13

小学生の頃、母親が入院していた時期があった。

それが俺の遠足の時期のちょうど重なってしまい、
俺は一人ではおやつも買いに行けず、
戸棚にしまってあった食べかけのお茶菓子とかをリュックに詰め込んだ。

そして、夜遅くオヤジが帰宅。
「あれ・・・明日遠足なのか」と呟き、リュックの中を覗き、しばし無言。
もう遅かったので、俺はそのまま寝てしまった。

次日、リュックを開けて驚いた。
昨日詰めたおやつのラインナップがガラリと変わっている。

オマケのついたお菓子とか、小さなチョコレートとか・・・
オヤジ、俺が寝てからコンビニ行ったんだな。
俺、食べかけの茶菓子でも全然気にしてなかったんだけどさ。

あの時、オヤジがどんな気持ちでコンビニへ行ったかと思うと、
少し切なくなる。

 

子供の頃

cp14

夏休みに自転車でどこまでいけるかと小旅行。計画も、地図も、お金も、何も持たずに。
国道をただひたすら進んでいた。途中大きな下り坂があって自転車はひとりでに進む。
ペダルを漕がなくても。何もしなくても。

ただ、ただ気持ちよかった。自分は今、世界一早いんじゃないかと思った。
子供心に凄く遠いところまできた事を知り、一同感動。滝のような汗と青空の下の笑顔。

しかし、帰り道が解からず途方に暮れる。不安になる。怖くなる。いらいらする。
当然けんかになっちゃった。泣いてね~よ。と全員赤い鼻して、目を腫らして強がってこぼした涙。
交番で道を聞いて帰った頃にはもう晩御飯の時間も過ぎてるわ、親には叱られるは、
蚊には指されてるわ、自転車は汚れるわ。
でも次の日には全員復活。瞬時に楽しい思い出になってしまう。絵日記の1ページになっていた。

今大人になってあの大きな下り坂を電車の窓から見下ろす。
家から電車でたかだか10個目くらい。
子供の頃感じたほど、大きくも長くもない下り坂。
でもあの時はこの坂は果てしなく長く、大きかった。永遠だと思えるほどに。

今もあの坂を自転車で滑り落ちる子供達がいる。楽しそうに嬌声を上げながら。
彼らもいつの日にか思うのだろうか。
今、大人になってどれだけお金や時間を使って遊んでも、

あの大きな坂を下っていた時の楽しさは、もう二度とは味わえないと。
もう二度と、友達と笑いながらあの坂を、自転車で下る事はないだろうと。
あんなにバカで、下らなくて、無鉄砲で、楽しかった事はもう二度とないだろうと。

 
————————————
 

涙を禁じ得ないコピペばかりで外での閲覧は不可!
泣きたい時にお家でしっとりと涙活してくださいね。

あわせて読みたい泣ける話

泣けた方、共感できる~!と思われた方、ぜひご紹介お願いします!
ランキング参加中です♪共感いただけたらポチリとお願いします!
  • blogramのブログランキング

関連記事

【泣けるコピペ】泣きすぎ注意の”彼女”にまつわる泣ける話

今回は彼女にまつわる泣けるコピペをご紹介! 電車内でホロリ…という事が無いように部屋で読むことをオ

記事を読む

泣けるショートストーリー「強い子」

生まれながらにして重い病気を持って生まれてきた女の子の心温まる泣けるSS(ショートストーリー)。

記事を読む

涙が止まらなくなる泣ける2chのコピペまとめ(随時追加)

これまでに紹介したジャンル別泣けるコピペの記事をまとめました。 読み逃してる物があれば要チェック!

記事を読む

道でカラスに襲われていた所を助けられた子猫”わさびちゃん”の一生

2013年夏、突如として現れTwitterで大人気となった「わさびちゃん」という子猫をご存知ですか?

記事を読む

ポエム調の文章に自然と涙が溢れ出す!Karenさんの感動絵本

pixivでポエム調の文章とシンプルで素朴なイラストで人々の心に残る絵本のような作品を描いているKa

記事を読む

ツイッターのみんなも見守った飛べないメジロ、ジローと陸原一樹さん

イラストレーターの陸原一樹さんが保護した怪我をして飛べないメジロ。 「ジローちゃん」と名付けられ、

記事を読む

声オタ必見!切なくて胸が締め付けられるオススメBLCD【8選】

なんだか気分が浮かない…そんな時は泣けるBLでも読んで胸キュンしたい! そう思っている腐女子の皆様

記事を読む

心に響く泣ける名言・格言!感動する言葉特集

皆さんはリスペクトしている偉人はいますか? 座右の銘として掲げている言葉はありますか? 今回は偉

記事を読む

感動!自衛隊にまつわる心温まる泣ける話まとめ

自衛隊と聞いてあなたはどんな事を思いますか? 災害救助、日本の防衛などを思い浮かべますよね。 自

記事を読む

画像・BGMと共に五感で涙活!youtubeで読む泣ける話

これまでに「涙が止まらなくなる泣ける2chのコピペまとめ」を紹介しましたが今回はyoutubeにて後

記事を読む

探してた!友に贈りたい、たまに聴きたい泣ける友情ソング【22選】

恋愛に関する泣ける歌ってすぐ思いつきますが友情ソングで泣ける歌ってピン

心に刻もう 戦争にまつわる泣ける話”日本兵の遺書”

戦争という時代に生まれ懸命に生き 家族や国の為に特攻隊として飛び立っ

子供は目隠しをしてても母親の事がわかる?結果に涙がでる感動の動画

デンマーク発のジュエリーブランド「パンドラ」が制作した動画。 子供に

感動!会社が仕掛けた1人のバス運転手へのバースデーサプライズ

デンマークのとあるバス会社が社員であるバスの運転手に対して行った 誕

感動!自衛隊にまつわる心温まる泣ける話まとめ

自衛隊と聞いてあなたはどんな事を思いますか? 災害救助、日本の防衛な

→もっと見る

PAGE TOP ↑